<   2010年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧
2010年7月 モエレ沼公園
イサムノグチ展でみて以来いってみたかった「モエレ沼公園」へ。
東豊線環状通東駅で降り、地上の環状通東バスターミナルから1番乗り場のモエレ沼公園へ向かう東79へ乗車しモエレ公園東口で下車。
海の噴水は10:30からのため早足ですすみなんとか間に合う。音楽やショーなどはなくただただ水が踊る簡素ながらも躍動的。そのあとモエレビーチとガラスのピラミッドを見学。
帰りはレンタサイクル近くにある臨時バス停からJR苗穂駅行きのバスへ乗車。
メモ:駅前の蔵の湯東苗穂温泉・千の湯北のたまゆら
a0016730_11343374.jpga0016730_11342476.jpga0016730_11341724.jpga0016730_1134816.jpga0016730_11331355.jpga0016730_113347.jpga0016730_11325636.jpga0016730_11324731.jpg
a0016730_11315131.jpga0016730_1131466.jpga0016730_11314110.jpga0016730_11313859.jpg
a0016730_11293779.jpga0016730_1129332.jpga0016730_11293263.jpga0016730_11292846.jpg
a0016730_11281523.jpga0016730_1128119.jpga0016730_1128982.jpga0016730_1128629.jpg

[PR]
by hakatayoka | 2010-07-31 11:36 | りょこう
回転寿司 根室花まる JRタワーステラプレイス店
JRタワーステラプレイス内回転すし花まるへ。
20時40分時点で約70分待ち。ようやく呼ばれたのが21時40分
ただし店内の待合席で実際カウンターへ座ることができたのは21時52分。目玉商品の殆どは札が下げられていたが基本メニューは概ね用意されている。好きなネタを書いて板さんへ渡して注文。

・山わさびイカ、乾き気味。
・牛トロは冷たく味が分からず。
・生ホヤは新鮮ではあるものの、舌にクセがのこる。
・時鮭、身が柔らかくしっとり。脂がのっているのにくどさは一切なくとろける(^~^
・銀がれい、美味!縁側も注文すればよかった。
・ザンギ、注文してから揚げるのでカリカリホクホク。
・ひんやり白魚と白うにの茶碗蒸し、ウニの味が抜けている。
  卵汁にグルタミン酸が多く使われているのか舌にのこる。
・花丸名物の鉄砲汁は売り切れのためこまいの三平汁を。
  タラ科の氷下魚は見た目も味もちょいとハタハタに似ている。

回転寿司 根室花まる JRタワーステラプレイス店回転寿司 / 札幌駅(JR)さっぽろ駅(札幌市営)北12条駅
☆☆☆☆ 0.0

a0016730_23213471.jpga0016730_23214072.jpga0016730_23214631.jpga0016730_23215071.jpg
a0016730_23215373.jpga0016730_23215619.jpga0016730_23215842.jpga0016730_23222100.jpg
a0016730_2322539.jpga0016730_23221096.jpga0016730_23221681.jpga0016730_23221960.jpg

[PR]
by hakatayoka | 2010-07-30 23:48 | たべもの&のみもの
味百仙 ジャガイモのバター煮
美味しんぼ67巻で見て以来、ずっとあこがれていたお店。
じゃが芋のバター煮は要予約。
営業時間は夜12時まで、ただし予約は20時までとのこと。

・牡蠣は脱水され旨みがぎっしり。匂いもクセもない。
・冷やし茶碗蒸しは新鮮なウニと海老がたっぷりと。
・じゃがいものバター煮はタイミングを見計らって提供。
  まずはスープを一掬い、、、美味しい!
  バターがはいっているのに濁らず旨みが飛んでいない。
  ジャガイモはスプーンですっと割ける。
  食感はほくほくというよりさらさらと溶けるような(^~^

<北海道の地酒>
・夕張の小林酒造「北の錦」
・日本清酒の「北育ち」
<料理>
・あたたかみのある木椀にはいった温泉卵(お通し)
・カニの内子
・冷し茶わんむし
・かきとゴルゴンゾーラのオイル漬
・ししゃも(メス)

味百仙 居酒屋 / 札幌駅(JR)さっぽろ駅(札幌市営)北12条駅
★★★★★ 5.0

a0016730_22511885.jpga0016730_22515296.jpga0016730_22511247.jpga0016730_22505955.jpg
a0016730_22505839.jpga0016730_22505399.jpga0016730_22505239.jpga0016730_22504849.jpg

[PR]
by hakatayoka | 2010-07-29 22:58 | たべもの&のみもの
雪印パーラー本店
xx年ぶりに雪印パーラーへ。
宮内庁より天皇・皇后両陛下のためにつくられた正統派アイスクリームを提供していたこのお店、いつからかドリームジャンボパフェなどバカ盛り系もメニューに加わりスーパープリンのカントリーロードのような変貌をとげていた。
一階は喫煙席のため二階へ。
わたしはベリーミックスパフェ、家人はスノーロイヤルスペシャルを注文。ベリーは生ではなくシャリシャリと凍ったままのもの。スノーロイヤルはクリーム感たっぷりのなめらかさ。昔ならもっと感動できたのだけど、おいしいアイスクリーム屋さんの多い現代ではちとものたりなくも。
a0016730_015315.jpga0016730_015610.jpg
a0016730_02157.jpga0016730_015972.jpg

[PR]
by hakatayoka | 2010-07-29 00:04 | たべもの&のみもの
路線バス 余市線余市-小樽バスターミナル(中央バス)
北海道中央バスで余市駅前から小樽駅へ。
海沿いを走るバスから海水浴と砂浜でのBBQする人たちが見える。
猛暑とはいえ、北海道の方も7月に海水浴するのか。
約30分で小樽駅前へ到着。
港までは約1km、暑さのせいか10kmくらいに感じる。人力車やステージイベントと勢いはあるものの平成初期に訪れた頃に比べると雰囲気は様変わり。旅行者も海外客ばかり目立つ。ここで忘れ物に気づくが、次の予定に間に合わないため家人だけ先に札幌へ向かってもらう。しかたない、お茶でも飲むかと店を探すもあまりなく駅舎内でぼーっと時間つぶししてから快速エアポートで後から追いかける。JR北海道では改札でのスイカオートチャージがされず残額ギリギリ。
a0016730_23413743.jpga0016730_23413913.jpga0016730_23415370.jpg
a0016730_23414886.jpga0016730_23415221.jpga0016730_23415758.jpg
鉢巻しとるケンタッキーのカーネルおじさん

[PR]
by hakatayoka | 2010-07-28 23:45 | のりもの
柿崎商店 その1 海鮮工房のウニ
夏に北海道を訪れた理由のひとつ、それは雲丹・ウニ・うに!
その旬を味わいに余市駅、ニッカ余市蒸留所から徒歩1分圏内にある柿崎商店へ。
11時15分、既に二階へ続く階段半ばまで行列、ここから食券購入まで約15分、食事提供まで約30分。
ウニ丼赤カップ(ムラサキウニ)白カップ(バフンウニ)、北海道らしいものをと鮭といくらのイトコ丼、イカ刺身、ホッケ焼(340円!)を注文。
イカ刺し、これは普通。つづいてホッケ、本州で流通するものと違い匂いが少なく身がしまっていておいしい。大根おろしは定食のみで単品には添えられないのが残念。
最後は丼、ご飯の熱が雲丹に伝わる前にウニから先に食べる。食感はムラサキウニ、味は黄身のような濃厚さがじんわり広がるバフンウニ(^^
札幌市内や築地などで食べるよりはるかに安い。
…雲丹の皿注文できたみたい(´・ω・`)
先に知っていたら丼につく味噌汁+漬物×3を食べずにすんだのに(´・ω・`)

柿崎商店 海鮮工房 魚介・海鮮料理 / 余市駅
☆☆☆☆ 0.0

a0016730_23502281.jpga0016730_23501818.jpga0016730_23501899.jpg
a0016730_23501413.jpga0016730_23502763.jpga0016730_23502855.jpg

[PR]
by hakatayoka | 2010-07-27 23:54 | たべもの&のみもの
ニッカウヰスキー北海道工場・余市蒸溜所ガイド付き蒸溜所見学 その1
所内見学の9時にあわせるため札幌を7時台に出発し、約1時間半かけてNIKKA余市蒸留所へ。この日のためにお酒を控えてきたのでとても楽しみ。
受付でガイド付き案内を申しこみ。見学者待合室のニッカブランドのウィスキーのディスプレイにははじめて購入した「ザ・ブレンド」があり懐かしい。ガイドさんの案内で香り・泥炭(ピート)に触れる体験をし最後は無料試飲。
鶴17年・余市10年の水割りとリンゴブランデーの入ったアップルワインの三種類。水割りをこんなに美味しくいただいたのは久しぶり。お土産売り場で限定酒を購入後、別屋の有料試飲へ。ここではウィスキー原酒を数杯、そしてアップルブランデー弘前12年をいただく。香りは10年もののほうが柔らかく好み。

ニッカウヰスキー 余市蒸溜所 ニッカ会館 試飲会場 ラウンジ / 余市駅

a0016730_2335392.jpga0016730_23345884.jpga0016730_2335471.jpga0016730_2335458.jpg
a0016730_23364761.jpga0016730_2336494.jpga0016730_23365511.jpga0016730_2337213.jpg
a0016730_23391073.jpga0016730_23391316.jpga0016730_23391548.jpga0016730_23391455.jpg
a0016730_2341404.jpga0016730_2341291.jpga0016730_23411796.jpga0016730_23404345.jpg
景色もいいし味の原点に触れられるし最高だね(^~^

[PR]
by hakatayoka | 2010-07-26 23:44 | たべもの&のみもの
JR函館本線 札幌-小樽行7:15
札幌駅7時15分発の小樽行き。
山を抜けると見渡す限りウミうみ海!
右側の座席にすればよかった!
すこし糖分を補給しようと北菓楼のカスタードシューを食す。小樽で8時7分発の長万部行きへ乗り換え。一両のみのため車内はぎゅうぎゅう。汗ばんできたころ余市へ到着。
a0016730_22585341.jpga0016730_22585134.jpga0016730_22584975.jpga0016730_22584657.jpg

[PR]
by hakatayoka | 2010-07-26 23:00 | のりもの
ジンギスカン結び亭
ジンギスカン結び亭」へ。
場所は「三角山五衛門ラーメン」の角を曲がったところ。
肉は生ラム・生ラムロース、小樽ビールのノンアルコールとサッポロクラッシックを注文。野菜はもやしサービスがあるので注文せず。
卓上の炭火にのせると店員さんが焼加減をすかさずアドバイス、赤い汁がでたころが食べごろとのこと。香り高いハーブ塩をぱらりとふりかけぱくりと。
おおぅ赤味の旨みがじゅわっと口の中に広がる!脂も獣くささも無く今まで食べたジンギスカンはいったいなんだったのかとおもうほど。火力は十分あるのに炭の煙がほとんどあがらなく目も痛くならない。服に匂いがうつらないのもうれしい。締めは、あがり茶漬と平飼い鶏の卵かけごはん。TKGにはテーブルにある唐辛子と胡麻を少し混ぜ、ともにタレをかけていただく。
すべてに満足(^〜^

<ジンギスカン>結び亭 ジンギスカン / 中央区役所前駅西8丁目駅西11丁目駅
★★★★★ 5.0

a0016730_21575927.jpga0016730_21581132.jpga0016730_21582851.jpga0016730_2158209.jpg
a0016730_21592051.jpga0016730_215929100.jpga0016730_21594972.jpga0016730_21594031.jpg
a0016730_220777.jpga0016730_2201825.jpga0016730_2204096.jpga0016730_220283.jpg

[PR]
by hakatayoka | 2010-07-25 22:08 | たべもの&のみもの
道内散歩 札幌一番街から南4条通(元気地蔵)
・ラ・ガレリア前の「元気地蔵」
・日産札幌ギャラリーにはスプリンググリーンのマーチ
・2Fにエルグランドを搬入中?
・給水所とかかれたエイドステーション・ナイアガラ。ランナー向けのお店ぽい。
  定休日は「マラソン大会で開店できない日」とのこと。
・うちにあるのと同じカエルの如雨露

a0016730_2111317.jpga0016730_2111048.jpg
a0016730_21105731.jpga0016730_21105368.jpg

[PR]
by hakatayoka | 2010-07-25 21:16 | りょこう